パリ旅行やパリ滞在。パリを訪れるすべての方達へ♪

注目


私どもはパリ個人旅行の皆様へのサポートサービスを行っております。

  • ○ご旅行前の事前準備や旅行内容の計画
  • ○パリ短期滞在(旅行)・長期滞在(留学や駐在)に必要なアパート賃貸物件や、短期貸物件(パリジャンのアパート)のご紹介とサポート
  • ○お子様連れのお客様のベビーシッターサービス(派遣&お預かり)
  • ○レストランやお買い物へのご同行と通訳
  • ○パリ市内の散策同行
  • ○パリのアパルトマンでのパリジャンスタイルのお食事
  • ○フランス風テーブルマナーとお料理のレッスン
  • ○夕食と昼食・アペリチフ、それぞれのテーブルデコレーションのレクチャー
  • ○その他パリ旅行に関するサポートなど。
  • 「見積もり」のお問い合わせはお気軽にメールをお送り下さい♪

お問い合わせはこちらのメールアドレスへお願い致します。

mmeoui@parisdeoyako.com

パリでお目にかかれますことスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

  • hellip
  •   inhellip
  •  Tokyhellip
  • hellip
  •   jhellip
  • Tokyo Lunchellip
  • Tokyo rounhellip
  • tokyo Sushhellip
  •  japahellip
  •  Gyudon hellip

 

パリの老舗 傘屋さん

パリ5区と6区の境界線にあたるサンミッシェル大通り。

 

ここに1897年から続く老舗の「傘屋さんSIMON」がある。

30年前ここで一本の傘を買ったことがあるのに、その傘のことも店舗のこともすっかり忘れていた。

先日その前を通りかかり「あっ!」と立ち止まる。

日曜の朝早くだったから、店は閉まっていて電気の消えた店内をうかがうことはできない。

でもその看板を見れば30年前のその日がくっきりと蘇る。

あの当時店の奥では白髪の高齢マダムがミシンを踏んで傘の生地を縫っていたが。

今でも彼女は健在なのか?あるいは彼女に変わる人間がミシンをふんでいるのか?

 

IMG_9818IMG_9819IMG_9820

56, bd St-Michel 75006 Paris

01 43 54 12 04
http://www.parapluies-simon.com/

 

パリの古き良き物/其の弐

「お部屋の消臭剤」パピエダルメニー。

1頁に三枚つづりになっている紙を一枚破り取って、皿の上で火を付ける。

燃え上がるのでは無くて、じわじわと香りをあげながら燃え尽きる。

お線香のような香りが郷愁がある。小さくて軽くて手頃な値段だから、パリのお土産にもなる優れもの。

 

IMG_9878IMG_9880

 

 

パリの古き良き物/其の壱

 

MEERTは1761年から続くパリのお菓子屋さん。ギモーブと呼ばれるマシュマロや、昔ながらのフルーツゼリーを取り扱う。

1761年といえば、フランス革命より20年前だから、マリーアントワネットも召し上がったかも知れないなあ。

などと思いつつ頂き物のギモーブを食べる。

IMG_9882 IMG_9881

パリ7区/和菓子店[和楽]

パリ7区の和菓子店「和楽」はミシュランの星獲得和食レストラン「あい田」の兄弟店。

3年間「あい田」のデザートを担当なさった和菓子職人の村田さんが毎日和菓子を提供しておられる。

2月14日はヴァレンタインデーの特別デザートがある、ときいてお昼ご飯を頂きに向かう。

 

前菜。菊芋の茶碗蒸し。

前菜。菊芋の茶碗蒸し。

IMG_9647

お昼ご飯はこのお弁当のみ。「あい田」で作られる。

お昼ご飯はこのお弁当のみ。「あい田」で作られる。

IMG_9649IMG_9651

ヴァレンタインデーの特別デザート「チョコレートどらやき」を目の前で焼いて下さる。

ヴァレンタインデーの特別デザート「チョコレートどらやき」を目の前で焼いて下さる。

至福。

至福。

デザートは2品。和三盆のスノーボール。

デザートは2品。和三盆のスノーボール。

ペニッシュの中でコンサート

セーヌ川岸に停泊している船の中には「バー」や「レストラン」としてつかわれているものがある。

先日友人のチェロリストがバーになっているペニッシュ(小舟)でコンサートをする、と言ってきた。

面白そうだし、チェロとクラブサン(私はクラブサンとブザンソンを混合で覚えているので、どちらかの言葉を口にするとき、一呼吸置いて考えなくてはいけない)のコンサートなど、大変興味深いものがある。

めかし込んで船上のコンサートへ出かけた。

IMG_9568_2IMG_9573IMG_9576_2

 

お酒を呑みながらクラッシックを聞くなんて始めてのこと。贅沢で気軽でとても愉快なソワレであった。

 

 

 

ルイ・フィリップ橋のレストラン

パリ右岸とサンルイ島にかかるルイ・フィリップ橋のたもとに感じの良いレストランがある。

適当に静かで適当に飾られた店内で適当に感じの良いスタッフが居る。

値段もべらぼうに高額なわけじゃ無くて、昨夜は4人で牡蠣を食べてワインを一本頼んで85 ユーロであった。

店の名前は「キャフェ・ルイ・フィリップ」

店の名前は「キャフェ・ルイ・フィリップ」

IMG_9581_2IMG_9583 IMG_9584_2IMG_9586_2

知る人ぞ知るパリの穴場・其の参

チョコレートの名店は数在れど。

生粋のパリジャンが好むのはなんと言っても見た目ゴージャスでお手頃価格なマルキーズ ド セビーニュ。

パリジャンの定番手土産として100年の歴史を持つ老舗のショコラティエです。

マドレーヌ寺院のすぐ脇に鮮やかな青色のお店を構えています。

IMG_9523

知る人ぞ知るパリの穴場・其の弐

シックにエレガントに少し値が張っても良いから正統派のフレンチを。

というお客様を御案内するのがトリュフ料理の専門店、ラサール。

おまかせの夕食コースはおひとり200ユーロ前後という高級店ですが、つねに予約で一杯です。

でも日系のお客様を見かけたことがないので「日系のガイドブックには載っていないのかな?」と思うのですが。

いかがでしょうか。

IMG_9524restaurant-lasserre-bienvenue-photo01-fr2

知る人ぞ知るパリの穴場・其の壱

ガイドブックには載っていない穴場を教えて下さい。と言われてお客様を御案内するのがこのレストラン。

IMG_9525

 

今ではお目見えするのが少なくなったエスカルゴやカスレ、カエル肉のお料理など。クラッシクなフレンチをリーズナブルに頂くことが出来ます。

場所はナポレオンのお墓アンバリッドのすぐ近く。

CHEZ FRANCOISE

パリでアジア飯♪

シャンゼリゼ通りからちょっと脇に入ったところにある健康レストラン。

何が健康かというと、全メニューがカロリー表記&栄養バランスもバッチリ考えられているのがうり。

パイナップルと鶏で「アジア風」となるのが定石。

パイナップルと鶏で「アジア風」
見苦しくてすみません。飲みかけのデトックスジュース。味は可もなく不可もなく。ただサトウキビスティックは物珍しくて嬉しい印象。
見苦しくてすみません。飲みかけのデトックスジュース。サトウキビスティックは物珍しくて嬉しい印象。

パリ14区のがらくた市

 

これは蚤の市、というより屋根裏セール(ヴィッドグルニエ)なので、大掃除を兼ねて家庭の不要品がわんさと出店する。

だからこその「お買い得日常品」を探しに出かける日曜日の午後。

IMG_9080IMG_9082IMG_9083

戦利品はバカラのワイングラス。1客足りない4客で15ユーロ!これぞガレージセールの醍醐味。
戦利品はバカラのワイングラス。1客足りない4客で15ユーロ!これぞガレージセールの醍醐味。

 

16区コルビジェアパートの裏側

 

パリ16区にあるコルビジェアパートの隣りの建物に用事があって出かけて受けたタナボタ画像。

コルビジェ氏のアパートは予約すれば誰でも見学することの出来る場所だけれど、さすがにそこを後ろから眺めるオプションはついていない。

こんな幸運に恵まれたことに打ち震えつつ撮影をする。

IMG_8207IMG_8208IMG_8209IMG_8210IMG_8212IMG_8214IMG_8215IMG_8220IMG_8216

上層部がコルビジェのアトリエ件住居部分

上層部がコルビジェのアトリエ件住居部分

IMG_8222IMG_8223IMG_8224

盗撮中のパパラッチの気分になる

盗撮中のパパラッチの気分になる

IMG_8223

 

ルーブル美術館の午前9時

一日かけてルーブルをゆっくり廻りたい。

 

という依頼をうけて月曜日の朝8時45分にルーブルへ。

9時の開館とともに入場すると、それはそれは快適な美術品鑑賞ができるのです。

最前列で鑑賞のマダムジョゴンダ(モナ・リザ)

最前列で鑑賞のマダムジョゴンダ(モナ・リザ)

野菜のだまし絵、アルチンボルトも最前列

野菜のだまし絵、アルチンボルトも最前列

 

マダムレカミエラの肖像。

マダムレカミエラの肖像。

 

ミロのヴィーナスのおしりのえくぼだってゆっくり鑑賞。

ミロのヴィーナスのおしりのえくぼだってゆっくり鑑賞。

 

フェルメールの天文学者

フェルメールの天文学者

 

フェルメール、レースを編む女

フェルメール、レースを編む女

どの写真もぼけぼけなのは、お客様に遠慮してこっそり撮影しているから。

御案内中に、案内人がはりきって写真を撮るわけにはいかないですものね。

 

 

お客様とフレンチクッキング

アパート型ホテル(キッチン付き)に滞在中のお客様のところへお料理をしに伺いました。

まずいっしょに近所のスーパーマルシェへ出かけて材料の調達。

おもいきりフランス風のお料理を。とのご要望にお応えして前菜はアーティーチョーク。

たっぷりのお湯でゆであげてオリーブオイルで。

たっぷりのお湯でゆであげてオリーブオイルでいただきます。

手前のオリーブオイルがサラダ用。奥に写っているのはBIO(オーガニック)オリーブオイル。

手前のオリーブオイルがサラダ用。奥に写っているのはBIO(オーガニック)オリーブオイル。

キノコとニンニクを刻んで

キノコとニンニクを刻んで

オムレツをつくり、

オムレツをつくり、

鳥肉のロースト、クリームソース煮といっしょに頂きます♪

鳥肉のロースト、クリームソース煮といっしょに頂きます♪

 

 

 

 

 

ベルサイユ宮殿の離宮

ベルサイユ宮殿敷地内にはグラン・トリアノンとプチ・トリアノンと呼ばれている地域がある。

 

ルイ15世が愛人ポンパドール夫人のために建設した離宮を、後にマリーアントワネットが譲り受けたもの。

ベルサイユ宮殿からは徒歩で20分、ひとり3.5ユーロのプチタン(シャトルバスのようなモノ)で5分強の場所。

まずはグラン・トリアノンへ。

並木道の中を歩く
並木道を歩く

IMG_8110

 

家具や壁の色で部屋を呼ぶ習慣があるフランス。ここは「青の間」
家具や壁の色で部屋を呼ぶ習慣があるフランス。ここは「青の間」

 

ここは「赤の間」
ここは「赤の間」

 

ここは「黄色の間」
ここは「黄色の間」

 

孔雀大理石製の調度品で飾られたこの部屋は「緑の間」
孔雀大理石製の調度品で飾られたこの部屋は「緑の間」

 

IMG_8121

プチ・トリアノンに飾られたマリーアントワネットの肖像画
プチ・トリアノンに飾られたマリーアントワネットの肖像画

IMG_8123IMG_8124IMG_8125IMG_8126IMG_8127IMG_8128IMG_8129IMG_8130IMG_8131IMG_8132IMG_8133

王妃の村里 La Hameau
王妃の村里 La Hameau

 

 

パリ6区近所の裏路地

いつもはあまり通らない裏道を通れば新しい店がいくつも。

 

サンジェルマン・デ・プレもいまでは立派な観光おしゃれエリア。

IMG_8580

香水屋さん。好みの調合も注文可能。

香水屋さん。好みの調合も注文可能。

昔からある古着やさん。改装工事が終わって美しい店構えに。

昔からある古着やさん。改装工事が終わって美しい店構えに。

IMG_8583

観光トラムが路地を走り抜ける!!!すごい!

下乗車はルーブルリボリーからだそう。今度乗ってみようかな。

どんなルートを走るのか興味深い。

IMG_8585IMG_8586

で、私は今から三番館で映画を観る。

で、私は今から三番館で映画を観る。

IMG_8579

オデオンからサンミッシェルに抜ける裏通りにある。

 

ボナパルト通りを歩く

ちょっと早い時間なので人通りが少なく気持ちが良い。

 

サンジェルマン・デ・プレのルイ・ヴィトン

サンジェルマン・デ・プレのルイ・ヴィトン

IMG_8483

この木の下を通るたびに写真を撮っているお気に入りの庭木。

この木の下を通るたびに写真を撮っているお気に入りの庭木。

ヴィスコンティ通りの落書きはときどき変わる。

ヴィスコンティ通りの落書きはときどき変わる。

心惹かれるヴィスコンティ通り。

心惹かれるヴィスコンティ通り。