mme.oui oui の紹介

/Users/kazu/Desktop/IMG_4496.jpg

近所の蚤の市へ

秋晴れの日曜日。近所の蚤の市へ。

 

IMG_8421IMG_8422

 

地元民の地元民のためのローカル蚤の市。

歩いているだけで知り合いに出会ってしまうし、店を冷やかせば売り子は近所の老夫婦だったり。

おかげでやけに重厚なアンティーク雑貨をいくつも購入してしまう。

まぁこれもご愛敬。のんびり楽しい日曜の午後である。

日本の赤ちゃんグッズ

ベビーシッター依頼があって、そのママが赤ちゃんを我が家へ連れてくる。

お預かりするのは赤ちゃんやお子様だけじゃ無くて、オムツやオモチャやDVD、哺乳瓶から粉ミルクまでさまざま。

日本の赤ちゃんグッズの発達は留まるところを知らず、ときどき激しく納得するものがある。

今回がこれ。

パンダのぬいぐるみになっているおしゃぶり。

IMG_8364

 

200CCサイズの哺乳瓶と同じくらいの大きさのぬいぐるみの頭におしゃぶりの乳首がついている。

IMG_8365

 

そしてそれは取り外しが出来て、月齢によって「歯固め」になったり「おしゃぶり」になったり変身するんである。

すごーい

IMG_8366そしてこのボール。いっけん猫のおもちゃのような風体だけど、これがモノを掴めるようになったばかりの赤ちゃんには最適。

掴みやすくて、軽いシリコン製でおまけにちいさなガラガラが4カ所についている。

これは現在我が家でのベビーシッター中に大変重宝している大人気赤ちゃんおもちゃである。

 

ノルマンディ・カーン

 

歴史的に大変興味深い街で、おもいのほか気に入ったので何回か足を運んだのである。

中でも「カーン中世砦城」に惹かれることこの上なく、ここで何時間もの時を過ごすこととなった。

IMG_7503IMG_7395IMG_7392IMG_7396IMG_7498IMG_7502IMG_7506

まさに本物ドラゴンクエストの佇まい。

雰囲気としてはドラゴンクエスト3のシャンパーニの塔 といった感じか。

 

 

みなさんから受け取る写真

パリ個人ガイドをしていて嬉しいことは、もちろんいろんな人たちとの出会いであるけれど、時間がたって「ああ、嬉しいなあ」と感じること。

それは写真を送ってもらったとき。

「○○さんと取った写真です」という挨拶とともにメールに添付されて受け取る写真の嬉しいこと。

ガイドした方達、お預かりしたお子様達と一緒に撮った写真が1週間後くらいで届いたりすると、自然に顔がほころんで「ああ、楽しかったなぁ」となる。

写真を請求するわけではないけれど、たしかに何枚もいっしょに写真に収まったはずなのに、一枚も送られてこないこともある。

いままでお世話になった方達は何百人もいらっしゃるけれど、たった1日のガイドだけでも、記憶に残る方と残らない方がいる。

記憶に残るのはガイドをしているその時のことではなくて、後日受け取る画像によって私の記憶に残されるようだ。

日が経ってから送られてくる写真で「ああ、このときはこんなことがあった、あんなことを喋った」と、経験が思い起こされてその方のお顔がバッチリ記憶に留まるらしいのだ。

立て続けに1週間ガイドをさせていただいた方達のことは写真なぞなくたって、しっかり記憶に残る。それはあたりまえのこと。

今までに受け取った写真を時々眺めながら、いっしょに写っている方達のことを思う。

初めてのパリ旅行で緊張している方、何回目かのパリですっかりリラックスしている方、同伴のご主人と喧嘩中の方、子ども達の世話でぐったりしている方。などなど。

いろんな状況の方たちと撮った写真には、そのときの言葉と気温と時間もしっかり写っている。

懐かしいなあ。楽しかったなぁ、またの機会があればお目にかかりたいなあ。と、なるべく陽気なことへ目を向けて、間違っても「私も若かったわ」などとは決して思わないようにしているのである。

 

 

 

 

 

キッズシッターは公園で

お預かりしたお子様たちが一番喜ぶ外遊びはなんといってもリュクサンブール児童公園。

入園料ひとり2.5ユーロの遊具場。一回1,5ユーロのメリーゴーランドとぶらんこ。

ポニーにも乗れるし、池に浮かばせて遊ぶバトー(小さな帆船)、砂場、人形劇場など。

さまざまな遊びが揃っている。お子様達といっしょになって日光&森林浴ができるので、私も大変気に入っている公園である。

IMG_6531IMG_6587IMG_6610IMG_6569IMG_6551IMG_6562

アニエスb プティ

アニエスベーの赤ちゃん専門衣類、アニエスベープティ。

シンプルで丈夫な木綿で赤ちゃんにぴったり。と、私は赤ちゃん連れのママ達にお薦めするのである。

そのアニエスベープティの新作「ハート柄のワンピース」

娘はいない私だけれど、娘が居たら着せちゃうだろうな!と、思わず写真を撮る。

IMG_5919

こちらはお嬢ちゃまサイズ

こちらはお嬢ちゃまサイズ

 

モンマルトルのフォンテーヌ

モンマルトルの丘、芸術家村を抜けて下り坂にさしかかったところに、目立たないフォンテーヌがある。

rue NORVINSをrue REPIQUEへ向かう角。

ゴシック建築の建物、というより、東屋のようなものがあって、そこは小さな画廊のようだけれど、建物の裏側に回ると小さな庭とフォンテーヌのかわいい空間になっている。

IMG_5980IMG_5981IMG_5982IMG_5983IMG_5984IMG_5987IMG_5989IMG_5990

ホテルフーケッツのバーでアペロ

アペロをしたい!というお客様のご希望でホテルフーケッツのバーへ。

ここはテラス席が広くて開放感がある。1流ホテルのバーらしくサーヴの人間もみな大変感じよく教育されている。

おまけに宿泊客(私が個人ガイドをさせていただいたお客様)、となれば、そのサービスはもう言うまでも無い。

私もお客様も大満足に嬉しいアペロであった。

待ち合わせはロビーにて。威圧的ソファにまず萎縮(笑

待ち合わせはロビーにて。威圧的ソファにまず萎縮(笑

とりあえずモヒートで乾杯

とりあえずモヒートで乾杯

アジア盛り合わせ。と言う名のグリニョテ(つまみ)

アジア盛り合わせ。と言う名のグリニョテ(つまみ)

ウイスキーのソーダ割りに使われたグレンリベットのガス入りミネラル

ウイスキーのソーダ割りに使われたグレンリベットのガス入りミネラル

Hotel Fouquet’s Barrière
46, avenue George V
75008 Paris
Tél : +33 (0) 1 40 69 60 00

パリのハンバーガー

パリで頂くアメリカンハンバーガー。

まずはバドワイザーとクアーズで乾杯。

まずはバドワイザーとクアーズで乾杯。

ハンバーガーをナイフとフォークで。もちろん私の連れも。

ハンバーガーをナイフとフォークで!!!

私はそんな器用なことは出来ないのでもちろん手づかみ。

自分だけ野蛮人のような気分に・・・

運ばれてきたのがこれ。見た目はなかなか悪くない。

運ばれてきたのがこれ。見た目はなかなか悪くない。

 

ローズベーカリーで午後茶

パリの右岸に二軒あるローズベーカリー。オーガニック製品をつかう英国風お菓子とお総菜が売り。

なにかと噂に聞く機会があり、興味はあったけれど未体験。左岸住人は右岸まででかけて買い物したりしないので、なんとなく「遠いなぁ」と億劫モードであったけれど。

たまたま買い物中のボンマルシェで新規オープンしているのを発見して「おお!」と入店。

あいにく昼食後だったので、オーガニックのバナナジュースとニンジンジュースを体験した。

IMG_6257

IMG_6256

IMG_6253

IMG_6252IMG_6251IMG_6258